よくわかる社協のしくみ

  • よくわかる社協のしくみ
  • 社会福祉協議会とは
  • 社協の目的・法的位置づけ
  • 組織・事業一覧
  • 定款
  • いたばし社協会員・ご入会
  • 善意のご寄付
  • 事業計画・予算/事業報告・決算

社会福祉協議会とは

誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくり

社会福祉協議会は、「住民主体の福祉のまちづくりを進める団体」として、民間の福祉活動を支援し、住み慣れたまちで「誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくり」を目指した活動を行っています。

 

社会福祉協議会は、昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、設置された「民間の社会福祉活動を推進すること」を目的とした非営利の民間組織です。

 

それぞれの都道府県、市区町村に設置され、住民や民生・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人などの社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、さまざまな活動を行っています。

たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、住民福祉活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

いたばし社協は、昭和29年に発足し、昭和40年に社会福祉法人として認可を受け、住民のみなさまとともに、閉じこもり防止を目的とした「福祉の森サロン活動」や、地域の福祉課題を地域で解決することを目指す「小地域福祉ネットワーク」への取組みのほか、募金活動や社会福祉協議会の特性を活かしたサービスの提供など、行政だけでは担えない、地域の特性を踏まえ、独自の事業に取り組んでいます。

 

板橋社協は、地域のさまざまな社会資源とのつながりを持ち、多くの住民の方々との協働を通じて、地域の福祉活動の拠点としての役割を果たしています。

 

これらの地域福祉への取り組みには、社協活動を応援し、賛同してくださる区民のみなさまからの社協会員会費、寄附金、共同募金の配分金などが財源となっています。

いたばし社協の活動

このページの先頭へ戻る