サービス案内

  • 福祉のご相談
  • ぬくもりサービス(住民参加型有料在宅福祉サービス)
  • ごいっしょサービス(認知症高齢者等外出支援事業)
  • 板橋区ハンディキャブ貸出事業
  • 障がい福祉サービス事業
  • 生活福祉資金貸付事業
  • 権利擁護いたばしサポートセンター
  • 権利擁護総合相談
  • 地域福祉権利擁護事業
  • 弁護士による専門相談
  • 資格を活かす・お仕事
  • 障がい福祉サービス登録ヘルパー
  • 介護保険 要介護認定調査員
  • はつらつシニアいたばし(高年齢者無料職業紹介)
  • 福祉活動への参加支援
  • 福祉の森サロン活動支援
  • 板橋区町会連合会支え合い事業支援
  • ぬくもりサービス協力会員(住民参加型有料在宅福祉サービス)
  • 社協会員ご入会・募金など
  • 社協会員
  • ぬくもりサービス賛助会員
  • 善意のご寄附
  • 赤い羽根共同募金
  • 歳末たすけあい募金
  • 行事用機材・車いすの貸出
  • 行事用機材の貸出
  • 福祉ビデオの貸出
  • 車いすの貸出
  • 助成金情報
  • 他助成情報
  • 福祉の森チャレンジ助成
  • 新・いたばし福祉の森21
  • 板橋区地域福祉活動計画
  • 地域の拠点1
  • さーどぷれいす@まもりん坊ハウス

生活福祉資金貸付事業

生活にお困りの方に、経済的自立を目的に各種貸付を行っています。

生活福祉資金貸付制度は、他の貸付制度が利用できない所得の低い世帯、障害を持つ人や介護を要する高齢者が同居している世帯に対して、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的に、資金の貸付を行っています。

  • 低所得世帯
    世帯の収入が本事業の収入基準を超えない世帯
  • 障害者世帯
    身体・知的・精神等の障害者手帳の交付を受けた方の属する世帯
  • 高齢者世帯
    日常生活上、療養または介護を必要とする、おおむね65歳以上の高齢者が属し、その収入が本事業の収入基準を超えない世帯

 

借入の目的により次の種類があります。

※各資金種類の概要については、それぞれの項目を開いて参照してください。

世帯単位の貸付制度です。

・申込者は、原則として生計中心者となります。(教育支援資金等例外あり)
・具体的な利用目的がある場合に、該当する資金種類の貸付をします。各資金には、それぞれに貸付の条件・基準があります。

 

原則として連帯保証人が必要です。(緊急小口資金を除く)

※連帯保証人を立てられない場合でも、申込むことができます。

 

貸付金の利率は、連帯保証人を立てた場合、無利子とします。連帯保証人を立てられない場合は、据置期間終了後、元金に対して年1.5%とします。教育支援資金は、無利子です。不動産担保型生活資金は、年3%又は長期プライムレートのいずれか低い利率とします。

 

他の貸付制度の活用が優先です。

・日本学生支援機構の奨学金、母子福祉資金等他の貸付制度が優先されます。

 

すでに払い終わっている経費や購入等の契約が済んでいる経費は、貸付対象になりません。

 

資金を借り受けるには民生委員による面接が必要です。貸付から返済完了まで、民生委員による相談援助活動を行います。(緊急小口資金・総合支援資金・不動産担保型生活資金除く)

 

返済期間内に返済完了できない場合は、残元金に対して年10.75%の延滞利子がかかります。

 

詳しくは、お住まいの区市町村社会福祉協議会にご相談ください。

 

事業運営課 生活福祉資金貸付 担当

〒173-0004
板橋区板橋二丁目65番6号 板橋区情報処理センター6階
TEL:03-3964-0556 FAX:03-3964-1176
メール:info@itabashishakyo.jp
窓口時間:月〜金8:30〜17:30(祝・年末年始)
※事前にお電話でご相談下さい。
※窓口相談 午後4時までとなります。

 

このページの先頭へ戻る